購入代行トップ買い物代行サービス案内お買い物方法買い物代行料金特定商取引法の表示
プライバシー・FAQお申込み方法お支払い方法注意事項発送と受取
お客様の声データ削除サイトマップお化粧と服のサイズお化粧の基礎知識
お化粧道具の基礎リンクページトップ女装子リンク性同一性障害関係のリンク女性洋品のネットショップリンク

GID・性同一性障害 個人編

飾り
GID・性同一性障害
個人編

飾り

GID(性同一性障害・Gender Identity Disorder)とは
生物学的には完全に正常であり、しかも自分の肉体がどちらの性別に属しているかをはっきり認識していながら、その反面で、人格的には自分は別の性に属していると確信している状態。
と説明されています。(出典:『性同一性障害に関する答申と提言』より)

女の子になろう!〜女装さんからMTFの方まで〜
女装・女性化するためのテクニックを紹介しているブログ。
メイクの基礎から女装向け商品の使い方、女性的な体型やくびれの作り方、女性ホルモンや去勢手術の体験談など、体験に基づくブログです。面白いですよ。
愛理の喫茶店様
ロリィタ系と浴衣が好きなGIDの愛理さんのHPです。
日記・掲示板・猫のページもあり、旅行先での写真は楽しそうです。
ローザバヤルナ(和名:薔薇月)様
物心ついた時からのTG、瑠奈のHPです
レーザー脱毛・ホルetc.は適度に活用してますが、
不完全に女性に戻ることを嫌い、TSは諦めています
老いから来る焦りで、最近は所謂TVとして生活し始め、
Goth.Loli.を中心にメイク・フォトの修行をしています
窪田理恵子のホームページ
私は、トランスジェンダーという言葉は、私たちのような人を「解放してくれた」ような気がします。なぜなら、この言葉に出会って、ようやく、やっと、自分が分かってきたような気がするから。
Christine Jorgensen
洋書の紀伊國屋さんで手に入ります。
Christine Jorgensen, A Personal Autobiography
1950年代、TGへの差別感が日本より強い米国初、社会に姿を現したTGの伝記・超大先輩です。
Claudine Griggs
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/
cgi-bin/booksea.cgi?ISBN=1859739164
洋書の紀伊國屋さんで手に入ります。

米国でも深刻に悩んでいる方がいらっしゃいます。
ご自分の性的な居場所・服装の好みなどが普通とちょっと違うと、その解消にはホントに大変なエネルギーが必要になります。
『生をどのように生きるか』 と 『性をどのように生きるか』は基本的人権で、可能な限り厳に尊重されるべきなんですが・・・
I devide me.様
このサイトは、性同一性障害者だったり、2ちゃんねらーだったり、ジェンダー論勉強してたり、キリスト教徒だったり、数学科の学生だったり、やおい好きだったりする管理人が単に自分の興味の向くままに書きました。
あきのへや様
女性ホルモンの投与を始めました。もちろん、誰にも秘密です。色々なご意見が有る事と思いますが、私の今の正直な気持ちを書いています。その時々の出来事、心や体の変化なども、随時公開しようと思っています。
マイタンのお部屋へようこそ
MtFの人やFtMの人たちが安心して目的を達成していくのをお手伝いしています。 あたしは今,アクアビューティで美容アドバイザーの仕事しています。海外美容整形コーディネェーターの会社で働いています。
性同一性障害?障害者として生きること?
私は性別に障害を持っています。それは、性同一性障害と呼ばれています。
 このサイトには、性同一性障害を持つ私の体験、診療・診察日記、ホルモン療法の手記、カミングアウトなどの、生活の記録をおもに掲載しています。
ココロの性別 『・・・?』 様
性同一性障害に関するサイトをオープンさせたことにより、もう一度自分を見つめ直すきっかけができました。

肉体は目に見えますが、ココロは目に見えません。目に見えない物を分かって欲しいと思い、様々に自分を表現していました。すると、1つの壁に突き当たってしまいました。『ココロの性別ってなんだろう?』と。
【ご注意項目】女性ホルモンの服用は、ご自分は心の底で何を求めているのかという問いを反復しつつ自己責任で慎重に判断してください。本格的服用をすると、もう男性には戻れないという事があります。(『戻りたいかもしれないという方』は注意してください。)
本のご案内
『性別不問。―「性同一性障害」という人生 』
岩村 匠 (著) (2003/10) 成甲書房
本のご案内
『心に性別はあるのか?―性同一性障害のよりよい理解とケアのために 』
中村 美亜 (著) (2005/09) 医療文化社
本のご案内
『スカートをはいた少年―こうして私はボクになった』
安藤 大将 (著) (2002/12) ブックマン社
にほんブログ村 その他趣味ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

willのご案内
トップへ

飾り
インデックスへサービス案内へお買い物方法へ代行料金へお申込み方法へ注意事項へ特定商取引法へ