サイト内のリンク一覧へ

GIDリンク1

次ページへ

GID(性同一性障害・Gender Identity Disorder)とは
生物学的には完全に正常であり、しかも自分の肉体がどちらの性別に属しているかをはっきり認識していながら、その反面で、人格的には自分は別の性に属していると確信している状態。
と説明されています。(出典:『性同一性障害に関する答申と提言』より)

山本 蘭の 新・活動日誌
『主に性同一性障害に関連する活動内容を、簡潔に記していくことにします。』という真摯なサイト様です。
社団法人日本精神神経学会ホームページよりの引用

『性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(第三版)』(必読)等も掲載されています。
あなたの悩みに大変大きな理解をしてくださる先生方も現在いらっしゃいます。頑張りましょう。(*^_^*)
更に性急な性別適合手術:SRS(sex reassignment surgery)だけが、あなたの人間らしい生活の質(QOL)の向上に資するものではないことも、ありますよね。
Trans-Net Japan
性同一性障害トランスセクシュアルトランスジェンダーの支援・自助グループです。埼玉医科大学倫理委員会の答申発表をきっかけに、日本国内に性同一性障害者のための支援・自助グループがないのはおかしいという思いから発足しました。1996年の8月から、学習会や体験交流会、家族会などを、当事者やその家族、パートナー、支援者を対象に行なってきました。普段の活動は、プライバシーへの配慮から参加者を当事者やその家族、パートナー、支援者に限定しています。
私たちは性同一性障害を抱える人々を応援します
虎井まさ衛さんが事務局を運営なさっている“FTM日本”で、QOL活動を開始されました。現在は著名な方々からのメッセージが紹介されています。自分たちは応援されているのだ、頑張ろうと感じたい時、ご覧ください。
Trans Sexual Forum in Japan
男女どちらでも生きていける人ではなく、心の性別でしか生きていけない人。その人たちに対する情報が絶対的に不足しているので、そういった情報は出していこう。ただしプライバシーを守ることを最重点にして。そういった考えで立ち上げました。
SIAM CLUBへ
ご自分の性別に疑問を感じて悩んでいる方を対象としていて、現状とは反対の性別で生活を送る事を目標にされている方の為のホームページです。
GID(性同一性障害)研究会
第8回GID(性同一性障害)研究会は、2006年3月19日に福岡国際会議場で実施される予定です。学会長は福岡大学精神科西村良二教授です。
ESTO様
ESTOは、すべての人がその性の在り様に関わらず存在(Est)を尊重(Esteem)されることを願い、人と情報の交流によるネットワークを目指しています。
自覚する性別と身体や書類上の性別に違和感がある人、生まれつき身体の性別が曖昧な人、同性を好きになる人などへの支援活動を通して、自分の「性」を考える活動をしています。
 "多様な性"への理解を進めるために、交流会・講演会の開催やニュースレター・メールマガジンの発行、行政への要望書の提出などを行っています。とのことです。
TTSファミリー
自分らしさを求めて、自分らしく生きたい
TTSファミリーは中部地区を中心に活動しています。
心の性と身体(戸籍)の性のギャップに悩む当事者と、
家族などの身近な方が参加できます。
G-FRONT 関西
1994年に結成したサークルです。大阪市に事務所を置き、大阪・京都・奈良・和歌山・滋賀・兵庫など関西圏を中心に、ゲイ・バイセクシュアル・レズビアン・トランスジェンダーなど様々なセクシュアル・マイノリティが参加しています。入会には性別・性的指向・セクシュアリティはいっさい問わず、誰でも活動に参加できます。
K.K.TOYAMA
K.K.TOYAMAは2003年7月21日に設立されました。設立理由は、富山にはセクシュアル・マイノリティのための団体がない、という所から始まっています。
 セクシュアル・マイノリティ当事者が身近にいることを知ってもらい、少しでも自分達にとって「きときと=いきいき」と「自分らしく」暮らしていけるような社会にしていくように助け合い、社会に向けて声を発していきたいと願います。
 また富山の人々・社会に対して、富山にもセクシュアル・マイノリティが存在することを示し、協力・支援をして頂けたら、と願って止みません。
子を持つトランスの会
クローバー
クローバー様

 
子どもを持つトランス及び、子ども・パートナー同士の交流を目的としています。
※ここでいう「トランス」とは、トランスセクシュアル、トランスジェンダー、トランスヴェスタイト、両性役割服装倒錯症、その他“性別違和”を持つ方を指します。
gid.jp性同一性障害をかかえる人々が普通にくらせる社会をめざす会
1998年に埼玉医科大学で性別適合手術、2002年には埼玉県新座市で性同一性障害を理由とした・・・行政文書からの可能な限りの性別欄を撤廃する方向が示され等々・・・こうした事が実現した背景には、当事者の熱心な活動があったことは、忘れてはいけません。
ですので、この会は自助会ではなく実践部隊と位置づけています。行動する会なのです。
T's Cafe 様
このサイトは性同一性障害(GID)当事者やTS・TGなどのトランスジェンダー及びその関係者のためのコミュニケーションスペースとして、またいろいろな情報交換の場なればと思っています。
東京国際レズビアン&ゲイ映画祭ホームページ
今年も東京国際レズビアン&ゲイ映画祭開催に向けて準備をしています。
性同一性障害:インターネット医科大学:@nifty
性同一性障害の専門家が無料で性同一性障害に関する医療・健康相談に応じてくれます。
GIX 様
ゲイ・同性愛などのマイノリティーをご案内するサイト。
レズビアンとゲイとストレートのためのメールマガジン『MILK』
MILK編集部は、様々なセクシュアリティの人たちが真に共存しあえる社会づくりをめざして設立された非営利団体です(設立:1997年12月25日)。最新ニュースやトピックスを集めたメールマガジンの発行や、欧米諸国を中心に世界中で定着しつつある同性愛者同士の婚姻(ドメスティック・パートナーシップ)制度や性同一性障害者のための性別変更制度(※)を日本にも成立させることを目的とした活動やその支援、雑誌・書籍・ウェブサイトでの執筆活動などを行っています。 ※性別変更制度は2004年に実現されました
神戸新聞ニュース
男と女。そのはざまで揺れ、それぞれの性を生きる人たちに会ったときの記録

トップへ

サイト内のリンク一覧へ

コピーライト表示